糖尿病予備軍

糖尿病予備軍(とうにょうびょうよびぐん)は、今現在糖尿病の診断は下されていませんが、現在の生活を改善しないで、そのまま生活すると、いずれ糖尿病の症状を発病するとみられる人たちのことを言います。また、糖尿病などの生活習慣病は、他の生活習慣病を併発することも珍しくありません。糖尿病による合併症は、ブドウ糖負荷試験において、空腹時126mg/dl、ブドウ糖摂取後200mg/dl以上の方たちに多く見られます。糖尿病予備軍の方でも、この数値を超えれば、合併症を引き起こす可能性が高まります。また、尿から糖が降りるのは、血糖値が170mg/dl前後ですが、この尿から糖が降りてない高血糖であったとしても、合併症は進行します。このことから、尿から糖が出る出ないは、あまり基準にはなりません。あくまで糖尿病は、血糖値で判断されるのです。血糖値は変化しやすいので、その時に正常でも、日を改めて測定すると、糖尿病の症状の判定がでることもあります。軽症の場合、2回行われる検査でいずれも糖尿病の判定が出れば、確定診断されることになります。 糖尿病の判断基準
  ブドウ糖摂取後2時間(75g) 空腹時
正常 110mg/dl 140mg/dl
予備軍 110~125mg/dl 140~199mg/dl
糖尿病 126mg/dl以上 200mg/dl以上
スポンサーリンク