糖尿病における血糖コントロールと健康的生活

糖尿病の方の感染症予防における健康的生活。糖尿病の方において、健康的生活を送る上で大切なのは、血糖コントロールです。血糖コントロールが悪いと、感染症にかかりやすくなります。また、ストレス状況下では、血糖値も上昇しやすくなり、更に症状を悪化させてしまうことも考えられます。現代社会において、ストレスの無い社会生活を営むのは、少々無理があるかも知れませんが、それでも、何か趣味を見つけるなどして、自分に合ったストレス解消法を見つけ出すべきです。そして、摂取カロリーにばかり気をとられて全体の栄養バランスを偏らせては健康的生活とは言えないでしょう。感染症にかからないためにも、普段から運動をし、細菌に対する抵抗力を高めておく必要があります。感染症のかかりやすさは、高血糖と、その維持された期間に影響されます。より好ましい血糖コントロールこそが感染症の予防につながり、健康的生活に近づいて行きます。 通常、血糖値が低下すると、グルカゴン、エピネフリンなどの拮抗ホルモンが分泌されます。これによって、血糖値を正常範囲内に保とうとしますが、特にⅠ型糖尿病の方においては、インスリン分泌機能も低下しているのと同様に、拮抗ホルモンの分泌能力も下がっています。糖尿病の症状患者の方が低血糖を引き起こす要因には、これらのことも関係しています。
スポンサーリンク