インスリン低血糖

低血糖を予防するには、体にとって必要とするインスリンの量と、インスリンの注射や薬によって、体内に補うインスリンの量のバランスが大切です。不規則な生活は避けて、規則正しい時間に必要カロリーを摂取し、決められた時間に薬やインスリン注射を使用する生活習慣が重要になってきます。また、適度な運動は、インスリンの分泌量を適正に近づけてくれます。ただ、朝の早い時間や空腹時の運動はあまりよくありません。そして、食事の時間がずれて間隔が出来てしまった時は、いつも食事している時間に、軽く炭水化物を摂取し、あとで食べる食物の量を増やさないように工夫するといいでしょう。捕食は、運動などで普段より多く体を動かす時に、前もって指示されたカロリーより、少し多めに摂取するといいでしょう。糖尿病の症状の基本治療は、血糖コントロールです。厳格な血糖コントロールを目指せば目指すほど、低血糖を引き起こしやすくなります。ただ、厳格な血糖コントロールを緩やかなものにすればいいのかと言えば、そうではありません。高血糖が続くと必ず合併症になります。ですので、低血糖の症状を怖がっていては、あとあと、重大な合併症を引き起こすことになります。そのため、低血糖に対する適切な処置を理解し、いざ、低血糖になった時に、適切な処置をほどこせるよう、努力することが望まれます。
スポンサーリンク